2021.01.19

1/19 新年ゲーム大会 年中

行事

2日目は、年中組の新年ゲーム大会。

「絶対勝つぞ~。」と、どちらのクラスも気合いが入っています。

ひとつめは、ゆうびんやさんゲーム。

郵便カバンの中に入っているハガキを出して、かいてあるイラストの動物さんのポストに届けます。

ハガキを見て瞬時に判断しポストに入れる…

リレー形式で行い、はやくゴールしたクラスの勝ちなので応援にも力が入ります。

ふたつめは、ハンガーかけレース。

日常から制服のブレザーをハンガーにかけている年中さん。どうしたら、すばやくそしてきれいにかけられるのか、話し合ったり練習をしてきました。

"同じ向きにハンガーラックにかける"ことも挑戦です。

ゲームを通し、きちんとした生活習慣を身につけ、きれいに出来ることの気持ち良さを味わうことができました。

最後は今年の干支の"うし"はこびレースです。

2人組で布の上にうしを乗せ、落とさないように運びます。

力を合わせないと難しいこのゲーム。

持ち上げるときに「せーの。」とかけ声をかけたり、息を合わせて走ることをポイントに頑張りました。

3つのゲームの合計得点で勝敗が決まります。

勝って喜んだり、負けて悔しがったり、勝敗のあるゲームを存分に楽しむことができるようになった年中さんです。

 

 

2021.01.18

1/18 新年ゲーム大会 年少

行事

元気で明るい一年でありますようにと願い、学年ごとクラス対抗で生活習慣に関連したゲームを楽しみます。

初日は年少組。

「頑張るぞ。えいえいおぉー!!」のかけ声で始まりました。

ひとつめのゲームは「お片付競走」。

いつも部屋であそんでいるおままごとやブロック、車のおもちゃがばらばらになっています。

それぞれしっかり分類してはやく、きれいに片付けができたクラスの勝ち。

ゲームを通し、きちんと片付けることの大切さ、気持ち良さを感じることが出来ました。

引き続き、あそんでいたものの“片付け”をていねいに行っていきたいと思います。

ふたつめのゲームは、今年の干支“うし”にちなんで「牛乳はこびレース」。

うしさんから牛乳をいただいてみんなのもとに運びます。

うしさんからいただく大切な“牛乳”。

これからも感謝の気持ちをもっておいしく飲みましょう。

さいごのゲームは「うしさん玉入れ」。

うしさんのカゴを目がけて、玉をえいっ!

投げる力もだんだんとついてきた年少さん。

「うえに向かって投げる」「ひろったらすぐ投げる」など、上手に入れる方法もあそびながら身につけ頑張りました。

背の順もすばやく並べるようになったり、前へならえも少しずつ上手にできるようになりました。

勝ってもバンザーイ!

負けてもバンザーイ!

年少さんらしく、クラスのみんなで楽しくゲーム大会を行うことができました。

 

2021.01.13

1/13 ドーナツ鬼ごっこ

月の様子

年長さんがあそびはじめたドーナツ鬼ごっこ。

縄とびをつなぎ合わせ、ドーナツのような2重の円を作ります。

スペース作りから自分たちで考え、相談して作ります。

初めは3本の縄とびで外円・・・

「これじゃあ、せますぎて逃げるのむずかしいし、つまらないよ。」「縄とびの数を増やそう!」と、“調度良い大きさ”ができました。

ルールは、ドーナツの中だけ逃げることができる、つかまったら内円に入るというものです。

いつもの広い園庭での鬼ごっことは違い、せまい空間ならではの逃げかたの工夫があり、今まで様々な鬼ごっこをやってきた年長さんだからこそ、楽しい“ドーナツ鬼ごっこ”。

身体を存分に動かし、寒さも吹き飛んでしまいます。

2021.01.12

1/12 氷あそび

月の様子

夜から朝方にかけての気温がぐんと冷え込んできたこの頃・・・

前の日にバケツなどに水を張っておくと氷ができています。

朝の支度を済ませ園庭に出ると、さっそく氷を発見する子どもたち。

スコップや棒を使ってガンガンたたいて割ってみたり・・・

何度も手で触って「冷たーい」と氷の感触を楽しんだり・・・

「氷の宅急便屋さんです!」とバケツに積み込み三輪車に乗せて運びながら

「今日、大きいな氷が出来てたよ。」と友達に教えてくれる子もいました。

お家の中からは「クッキーやさんです。」「いらっしゃいませ。」の声が聞こえてきました。

今日は特別に氷のクッキーです。氷が少し溶けると砂がよくつく事がおもしろく、氷をころころまわしながらきれいに砂をつけていきます。

「黒い砂は普通のチョコレート味。」「白砂はホワイトチョコクッキーです。」

石はナッツに見立て、おいしそうなクッキー屋さんは大人気です

 

ある男の子は、氷に水道の水をじゃーと当てて、じっと観察。

しばらくすると「穴があいてきたー!!」と、発見です。

さらに続けていくとだんだん溶けて、水のあたるところだけがへこんでいく様子を夢中になって見ていました。

最後は「こおりのドーナツの完成!」とみんなで大喜び。

季節ならではの環境のなかで、何となくやってみたことから発見につながり、全力であそびながら学ぶ姿がみられた氷あそびのひとコマです。

2021.01.08

1/8 第3学期 始業式

行事

「明けまして おめでとうございます。」

新年のご挨拶と共に、第3学期が始まりました。

始業式では、今年の干支゛“丑(うし)”は歩みはゆっくりだけれど、1歩1歩確実に、前を向き最後まで諦めずにやりとげる事ができる強い気持ちを持っている というお話を園長先生から聞きました。

「最後まで頑張る」「続ける」気持ちを大切に、今年も様々なことに挑戦していきたいですね。

そして、お正月ならではの しめ縄飾り、門松を見ながら、それぞれにどのような願いが込められているのかを聞きました。

1年のまとめとなる3学期。

自分なりの“目標”もたてながら元気に過ごしていきたいと思います。