2022.07.15

ドーナツ屋さんごっこ 年少あさがお組

園の活動

あさがお組には、おいしそうなドーナツが並んだ、すてきなお店が開いています。

 

黄色のエプロンをつけた店員さんは、「いらっしゃいませ」「ドーナツですよ☆」と張り切ってお客さんを待っています。

 

お客さんが来ると、「どれにしますか?」「少々お待ちください!」とリクエストを聞いて、渡してあげます。

ドーナツをおいしそうに食べる友達を見て、「これもどうぞ☆」とつい沢山プレゼントするお子さん達の姿も。

 

あそびの中で、「どうぞ」「ありがとう」という気持ちのいいやりとりが聞こえてきたり、少しずつ1つのあそびをみんなで楽しんでいるお子さん達です。

2022.07.14

アイスクリーム屋さん 年少たんぽぽ組

園の活動

たんぽぽ組では、はさみの導入で使っていた洗濯ばさみを“アイス”に見立てたアイス屋さんごっこが大人気。

この遊びは5月からスタートしていて、すっかりたんぽぽ組の毎日の恒例の遊びになっています。

「いらっしゃいませ~」とお店屋さんになる事はもちろん。その他にもいちご味はピンク色、バナナ味は黄色と注文の味に沿った色の洗濯ばさみを選ぶのも楽しいポイントの一つになっています。

2色使って‘いちごミルク味’‘クリームソーダ’など少し工夫された味も最近ではおすすめメニューの仲間入りです。

目印の看板と、元気な呼び掛けがあり、少しずつたんぽぽ組のアイス屋さんが園内にも広がっていきました。

手作りのお金を持った他のクラスの年少さんや、年中・長のお兄さん、お姉さんも買いに来てくれます。

「秘密味のアイスにしたよ」

「ソーダ味を作ってもらったよ」とメニューを見てその通りの色を真似して作ったり、注文したり・・・

「こんな所にもアイスのってたよ」

「何かメニューになりそうだね」と気が付いて教えてくれるお子さんも。

お子さん達の力で日々の遊びが発展しています。

この日は持ち帰り用にして教室の色々な所でアイスパーティー。

「アイス買ってきたよー」「美味しいね」と楽しそうな声が響いています。

洗濯ばさみひとつからこんなにも楽しい遊びが生まれ友達同士の関わりもぐーんと深まったたんぽぽ組さん。

お子さん達の素敵な気付きを大切にこれからも遊びが充実するよう見守っていきたいと思います。

2022.07.13

すずらんテープを使って 年長あやめ組

園の活動

雨が降ったある日。様々な素材を使うようになってきた制作あそびで、望遠鏡を作った際に、「カラフルな世界にしたい」という事で、すずらんテープを使った子がいました。

それを見た他の子たちもすずらんテープに興味を持ち始め、折り紙で作ったステッキにすずらんテープをつけたり、“長さや色はどうしよう?”と考え工夫し作っていました。

作ったステッキを振ってみると

「踊りとかで使ったらかわいい気がする!!」

「ステッキもいいね!私ポンポンもって踊りたい!」と話がふくらみ、ポンポン作りが始まりました。

箱に巻いて作る方法を教えると“自分でやる!!”と切ったり結んだり裂いたり。どんどん覚えて作っていました。

お気に入りのポンポンが完成!

「お誕生会の踊りの『虹の向こうに』に合わせて踊ろう!」と声が上がり踊ることになりました。

作ったポンポンやステッキを使い音楽が流れると部屋はステージへ変身!!

『虹の向こうに』という曲もお気に入りの曲となり、身体を大きく使って一人ひとり表現し楽しみました。

2022.07.12

リングあそび 年中ばら組

園の活動

お部屋あそびのおもちゃに『つなげてあそべるリング』が仲間入りしました。

形は、ハート・まる・三角・四角の4種類。

少しあいている隙間同士を合わせて、つなげてあそびます。

最初は苦戦するお子さんもいましたが、コツが分かるとすいすいできるようになりました。

同じ形をひたすらつなげる子もいれば、色々な形を混ぜたり、○→△→□→○→△→□と規則的につなげる子も・・・。

端と端をつなげて輪っかにし、ネックレスにしたり、かんむりにしたり・・・。

長くつながったリングを、友達とつなげて電車ごっこを楽しんだり、「七夕の輪飾りと同じだね」と七夕の歌を歌うお子さんもいました。

年中になり、お友達の輪が広がってきたからこそ、真似をしたり教え合ったりしながら、同じものを作ることや協力して大きなものを作っていくことを楽しんでいます。

2022.07.06

年少組のミニトマト 年少ひまわり組

園の活動

5月から育てていたミニトマト。

水やりや草とりをしたり、話しかけたり、パワーを送ったり・・・大切にお世話をしてきました。

「早く食べたいな♪」とずっと楽しみにしていたお子さん達。

実もおいしそうに色付き、ついに収穫しました。

食べやすいように半分に切ると「わ!中も赤いね!」「つぶつぶがいっぱいだ!」と色々なことに気付くお子さんたち。

「おいしい!」「おかわりしたい」とニコニコ笑顔で食べました!

トマトが苦手なお友達は、ペロっとなめてみたりもしました。

たっぷり愛情こめて育ててきたミニトマト。

食べた後には、「ボク、沢山食べて少し大きくなってきたよ」と言う姿も見られました♪