月の様子の記事一覧

2021.04.09

4/9 2021年度 第1学期始業式

園の活動

「先生!」と子ども達の元気一杯の声と共に、2021年度がスタートしました。

ひとつ大きなクラスになり、ピカピカの名札を担任の先生につけてもらいました。

「○○君と同じクラスだね。」「私の新しいロッカーはここ。」と期待に胸が膨らみます。

年中、年長組と学年ごとに始業式を行いました。

今年度も“つよく あかるく かしこい子”になるように、毎日元気に幼稚園に来ること、

たくさんあそんで、いろんな事に挑戦してみることなど、園長先生と約束をしました。

今年度もお子さん達が充実した日々を送れるよう、職員一同頑張って参ります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

2021.01.28

1/28 花いちもんめ

園の活動

年長さんを中心に「花いちもんめ」を楽しんでいます。

昔ながらの歌詞にも目をむけ「おかまかぶってって、どんな感じなんだろうね。」と想像を膨らませ思わず笑ってしまいます。

チームで話し合ってメンバーを決めたり、相手のチームから選ばれたりするドキドキ感!

年長さんがたのしくあそんでいる姿を見ると、自然と年中・少の子も仲間入り。

じゃんけんなどもしっかりサポートしてくれる優しい年長さんです。

そのような姿を見て年下の子には優しくする気持ちも、あそびと共に“伝承”していってるのですね。

 

2021.01.25

1/25 凧あげ

園の活動

1月は、福笑いやコマ、羽子板などお正月あそびを楽しみました。

年長さんは、厚紙やビニール袋を使ってオリジナルの凧作りに挑戦です。

“作りかた”の図や説明書きを見て、友だちと相談しながら作っていきます。

ちょうど真ん中にひもを通せるように穴あけパンチを上手に使って位置を調整したり、とれないようにしっかり結ぶ・・・

一見簡単そうに見えますが、細かい作業が多く、手先が器用になってきた年長さんならではの工夫がたくさん見られます。

完成した凧を持って、園庭では思いきり走ったり、風向きをとらえてとばしたり・・・

実際にとばしながら、ひもが短すぎた、長すぎたと“よくとぶ凧”にするために手直しをする姿も。

「まっすぐ走ってるときはスピードが出るからよくとぶけど、曲がるときはどうしてもゆっくりになって、低くなる」と、いろいろな事を考えながら楽しんだ凧あげです。

2021.02.02

2/2 節分あそび

園の活動

今年は124年ぶりに2月2日が節分でした。

鬼のお面や豆まき用のますを作り、園で行う節分あそびの日を楽しみに迎えます。

当日は、園長先生から由来のお話を聞きました。

仲良しタワーからはトントンくんとピョンコちゃんがあそびに来てくれ・・・

好き嫌い鬼や朝寝坊鬼を豆でやっつけると福の神も登場し、よい子のみんなの所に幸せを運んできてくれました。

お話を見たあとはみんなで豆まきです。

年長さん、年中さんは自分たちで作ったお面をかぶり、鬼役を交換で行います。

「鬼は外~」「福は内~」の元気なかけ声が園庭に響きわたりました。

年中さんは、みんなを代表して園長先生と園をぐるりと一周し、あちらこちらに豆まきをしてくれました。

年少さんは、鬼のパネルにむかって「鬼は外~!!」

「ぼくは怒りんぼ鬼をやっつけたよ。」

「私はわがまま鬼かな??」と自分の“鬼”も見つけ退治することが出来ました。

今年もたくさんの福がきますように。

2021.01.13

1/13 ドーナツ鬼ごっこ

月の様子

年長さんがあそびはじめたドーナツ鬼ごっこ。

縄とびをつなぎ合わせ、ドーナツのような2重の円を作ります。

スペース作りから自分たちで考え、相談して作ります。

初めは3本の縄とびで外円・・・

「これじゃあ、せますぎて逃げるのむずかしいし、つまらないよ。」「縄とびの数を増やそう!」と、“調度良い大きさ”ができました。

ルールは、ドーナツの中だけ逃げることができる、つかまったら内円に入るというものです。

いつもの広い園庭での鬼ごっことは違い、せまい空間ならではの逃げかたの工夫があり、今まで様々な鬼ごっこをやってきた年長さんだからこそ、楽しい“ドーナツ鬼ごっこ”。

身体を存分に動かし、寒さも吹き飛んでしまいます。