麻の実の教育

教育目標

子どもが主役

愛情と安心の中、豊かな体験を通して自我の形成を図り健全な心身、生きる力の基礎を培います。

恵まれた環境「自然」

広い園庭、様々な遊具、四季折々の花と緑豊かな自然、かわいい小動物たち。子どもたちの好奇心や探究心は、この恵まれた自然環境の中で、より大きく育まれていきます。 栗林、果樹園、そして畑。栽培、収穫、調理を通して食を育む力、感謝の心が育っていきます。

photo

もうひとつの環境「先生」

情熱あふれる先生たちは、子どもにとって大切な環境といえます。子ども一人ひとりを見つめ、理解し、その気持ちに添いながら子どもたちが自ら気づき、考えることを大切にしています。

遊びと学び

子どもにとって意味のある「遊び」は、ただ放っておいても生まれません。幼児期の発達の特性を踏まえた綿密な指導計画や指導要録に沿って、一人ひとりの子どもに応じた適切な援助を行い、様々な遊びが生まれるように配慮、工夫を重ねています。

課題遊び

子どもたちの興味や関心に結びつくような遊びの形態を通して、体験の幅を広げていきます。英語、造形、音楽、運動、言葉や数などさまざまなものに取り組みます。

自由遊び

自発的な活動としての遊びが充分に展開できるよう、設備や環境を充実させています。好きな遊びに熱中する中で、総合的な発達の基礎を築いていきます。

コミュニケーション

園でのさまざまな行事や子どもたちの成長のようすを色々な方法で、きめ細かくお伝えしています。子どもたちが充実した園生活を送れるよう、ご家庭とのコミュニケーションを大切に考えています。 (色々なお便り 個人通信 行事 HP 参観 個人面談 スナップ写真 メール通信 懇親会など)

子どもたちの自ら育つ力を援助します

△このページのTOPへ